第15回:「生理の貧困」と、フランスの対策例 〜 国際女性デーに寄せて

恒例より2日早くお送りします!画像は国際女性デーに贈る花、ミモザを使ったアレンジ。8歳の次男が市の学童クラブで作ってきました。
髙崎順子
2021.03.08
読者限定

みなさん、こんにちは!

今日は3月8日、国際女性デーですね。今回のテーマはぜひこの日にお届けしたく、恒例の日付より2日早くお送りしています。

国際女性デーは、1975年に国連が制定した年1回の記念日です。女性たちがこれまでに成し遂げてきた事象を祝いつつ、性差別のない社会を女性にスポットを当てて考え、行動する日。今年もいろいろな企画やイベントが行われていますね。

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする
第16回:フランスがコロナ禍でも学校を開ける理由 ~ 一斉休校を避けたい、苦渋の試行錯誤
今フランスで大きな論点となっている、感染拡大下の通学継続について書きました。
読者限定
第16回:「決める人々」の性別の偏りを、制度で是正する ~ フランスのポジティブ・アクション
日本は日付が変わってしまいましたね、遅刻すみません!今回は上記のお題の他、このレターに関するお知らせが3つ入っています。...
読者限定
番外編:私の3月11日
定例レターと別枠で、番外編をお送りします。私が3月11日に思うことです。
読者限定
第14回:「フランスの子育て支援が充実しているのは消費税が高いから」っ...
子育て支援の充実したフランス。それは消費税が高いからでしょ!……と言われがちですが、実は財源に消費税は使われていないんで...
読者限定
第13回:フランスの子育て支援について書く前に、私がやっていること ~ 日本の社会保障制度を知る
私が子育て支援について記事を書く際に、必ずチェックするトピック「日本の社会保障制度」について。これが面白いんだなー!とい...
読者限定
第12回:フランス、コロナ禍の一般世帯への特別給付 ~ ピンポイントで、無申請・自動給付
新型コロナ流行に際し、日本やアメリカのような「全世帯への生活支援給付金」がないフランス。それとは別の形で行なっている、一...
読者限定
第11回:「生き方」として、何かに関わる 〜 あるフランス語の単語から考えたこと
社会運動の場でよく見る「アンガジュマン」という単語の意味やその用法について、実例のご紹介とそこから考えたことを書きました...
読者限定
第10回:過去の寄稿記事のご紹介 〜 子育て環境改善の材料にしてほしい...
忌引きのため、変則的な内容となっています。写真は1月第1週のセーヌ川、ロワイヤル橋からシテ島方向を見た風景。冬のパリらし...
読者限定