第19回:減税・控除の子育て支援 〜 現金給付・現物給付と並ぶ第3の手段

フランスの第3の子育て支援策「減税・控除」について書きました。子育てリソースを「増やす支援」ではなく「減らさない支援」も...
読者限定
番外編:妊娠当事者の困りごと、Twitterヒアリング結果を配布しています
お知らせです!
誰でも
第18回:無痛分娩、フランスの場合 ~ 拙著「フランスはどう少子化を克服したか」を引用しつつ
経膣分娩の8割以上が、無償の無痛分娩で行われているフランス。その経緯や発想について書きました。
読者限定
第17回:フランスがコロナ禍でも学校を開ける理由 ~ 一斉休校を避けたい、苦渋の試行錯誤
今フランスで大きな論点となっている、感染拡大下の通学継続について書きました。
読者限定
第16回:「決める人々」の性別の偏りを、制度で是正する ~ フランスのポジティブ・アクション
日本は日付が変わってしまいましたね、遅刻すみません!今回は上記のお題の他、このレターに関するお知らせが3つ入っています。...
読者限定
番外編:私の3月11日
定例レターと別枠で、番外編をお送りします。私が3月11日に思うことです。
読者限定
第15回:「生理の貧困」と、フランスの対策例 〜 国際女性デーに寄せて...
恒例より2日早くお送りします!画像は国際女性デーに贈る花、ミモザを使ったアレンジ。8歳の次男が市の学童クラブで作ってきま...
読者限定
第14回:「フランスの子育て支援が充実しているのは消費税が高いから」っ...
子育て支援の充実したフランス。それは消費税が高いからでしょ!……と言われがちですが、実は財源に消費税は使われていないんで...
読者限定
第13回:フランスの子育て支援について書く前に、私がやっていること ~ 日本の社会保障制度を知る
私が子育て支援について記事を書く際に、必ずチェックするトピック「日本の社会保障制度」について。これが面白いんだなー!とい...
読者限定
第12回:フランス、コロナ禍の一般世帯への特別給付 ~ ピンポイントで、無申請・自動給付
新型コロナ流行に際し、日本やアメリカのような「全世帯への生活支援給付金」がないフランス。それとは別の形で行なっている、一...
読者限定
第11回:「生き方」として、何かに関わる 〜 あるフランス語の単語から考えたこと
社会運動の場でよく見る「アンガジュマン」という単語の意味やその用法について、実例のご紹介とそこから考えたことを書きました...
読者限定
第10回:過去の寄稿記事のご紹介 〜 子育て環境改善の材料にしてほしい...
忌引きのため、変則的な内容となっています。写真は1月第1週のセーヌ川、ロワイヤル橋からシテ島方向を見た風景。冬のパリらし...
読者限定
新年のご挨拶と、8歳児の宿題のご紹介
元旦早々失礼します!いつもより短い、ご挨拶+αのお便りです。
読者限定
第8回:一般人が制度について知りたい時に、まず見に行く情報源のこと〜「...
ここ数日Twitterで話題になった「性交同意年齢」について情報収集していた時に、気になったことを書きました。(写真は本...
読者限定
第7回:フランスの児童手当の現状〜必要な人に届けるものと、全員に届けるもの
今日本で、児童手当の支給基準の改正が話題になっています。フランスはどうなっているのか?日本と比較してどうなのか?コンパク...
読者限定
第6回:「人の役に立つこと」を、国が体験させる 〜 フランスの市民用役制度
フランスには16歳から25歳の若者に、6〜12カ月間、国がお給料を払って勤労体験をさせる制度があります。ただし勤務先は「...
読者限定
第5回:理念と現実の間を、どう埋めていくか~フランス、未だ途上の「優先教育」政策
教育の不平等を是正するための、フランスの優先教育政策。その始まりには「不平等の原因を属性ではなく、状況に見る」という、興...
読者限定
第4回:「人種」を否定する国の、人種差別問題
アメリカに端を発したBLM運動を機に、再び注目の高まった人種差別問題。フランスは「人種」という概念自体を疑問視し、それに...
読者限定
第3回:「自由に家族を選ぶ親」の子どもたち〜読者の方のご感想より
第1回、第2回のレターに頂戴したご意見ご感想から、考えたこと・調べたことを書きました。ラジオの「リスナーからのお便りコー...
読者限定
第2回: 結婚なしに家族になる〜フランス、家族観の変遷
日本へのヒントに富んでいる、フランスの家族政策。充実の家族支援策の土台にある、家族観の変遷について書きました。(トップ画...
読者限定
第1回:フランスの家族政策の今 〜子育て支援策を見直すために、「はじ...
先月発表されたフランスの「男の産休」延長と取得義務化のニュースは、日本でも話題になりました。その科学的な根拠の一つになっ...
誰でも
第0回:髙崎順子よりご挨拶(このニュースレターでやりたいこと)
第1回配信に先立つご挨拶文です。本編は10月10日より始まります。
誰でも