第6回:「人の役に立つこと」を、国が体験させる 〜 フランスの市民用役制度

フランスには16歳から25歳の若者に、6〜12カ月間、国がお給料を払って勤労体験をさせる制度があります。ただし勤務先は「人の役に立てる」非営利団体のみ!
髙崎順子
2020.11.29
読者限定

 みなさん、こんにちは!

 年の瀬カウントダウンの11月末日、いかがお過ごしですか?

 こちらフランスは外出制限令とともに始まった11月、少しずつ状況が変わってきました。新規陽性判明者数(11/7:86852人→11/29:9784人/1日)・ICU入院者数(11/16:4919人→11/29:3756人/全国合計)・新規死者数(11/9:548人→11/29:198人/1日)とも、ピークに比べ目に見えて少なくなっています(出典:フランス政府Covid -19感染状況ダッシュボード) 。11月28日土曜日には、外出制限令で営業停止とされた「生活必需品以外」の小売店・大型チェーンの再営業が解禁となりました。このまま感染抑制傾向を維持できれば、12月15日には移動制限も終了される見通しです。とはいえ新規感染者もICU入院者も、まだまだ日本とは比較にならない多さなのですが……市民はこの決定を歓迎し、行政や医療関係者の間でも、「致し方なし」との声が多く聞かれます。

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする
第16回:フランスがコロナ禍でも学校を開ける理由 ~ 一斉休校を避けたい、苦渋の試行錯誤
今フランスで大きな論点となっている、感染拡大下の通学継続について書きました。
読者限定
第16回:「決める人々」の性別の偏りを、制度で是正する ~ フランスのポジティブ・アクション
日本は日付が変わってしまいましたね、遅刻すみません!今回は上記のお題の他、このレターに関するお知らせが3つ入っています。...
読者限定
番外編:私の3月11日
定例レターと別枠で、番外編をお送りします。私が3月11日に思うことです。
読者限定
第15回:「生理の貧困」と、フランスの対策例 〜 国際女性デーに寄せて...
恒例より2日早くお送りします!画像は国際女性デーに贈る花、ミモザを使ったアレンジ。8歳の次男が市の学童クラブで作ってきま...
読者限定
第14回:「フランスの子育て支援が充実しているのは消費税が高いから」っ...
子育て支援の充実したフランス。それは消費税が高いからでしょ!……と言われがちですが、実は財源に消費税は使われていないんで...
読者限定
第13回:フランスの子育て支援について書く前に、私がやっていること ~ 日本の社会保障制度を知る
私が子育て支援について記事を書く際に、必ずチェックするトピック「日本の社会保障制度」について。これが面白いんだなー!とい...
読者限定
第12回:フランス、コロナ禍の一般世帯への特別給付 ~ ピンポイントで、無申請・自動給付
新型コロナ流行に際し、日本やアメリカのような「全世帯への生活支援給付金」がないフランス。それとは別の形で行なっている、一...
読者限定
第11回:「生き方」として、何かに関わる 〜 あるフランス語の単語から考えたこと
社会運動の場でよく見る「アンガジュマン」という単語の意味やその用法について、実例のご紹介とそこから考えたことを書きました...
読者限定